頭痛が頻繁に起きるようになった

若いころから頭痛もちだった方が、更年期にさしかかり
頭痛の回数が増える場合があります。

心身が不安定になり、脳の血管が一時的に拡張して
脳内の血圧が急に替わる場合に頭痛がおきます。

片頭痛や緊張型頭痛と言われるものです。
大きな原因がなく慢性的に起こるものです。

この慢性的な頭痛がたびたび起きるようになります。

首回りや肩周りがこると頭痛が起きやすくなります。
ひごろからストレッチやマッサージでコリをほぐしておくことが
改善の方法です。

肩こりからの頭痛だとわかれば、リラクゼーション整体などに行って
コリをほぐしてもらいましょう。
肩と首のこりが頭痛の原因になることがあります。
一度すっきりした肩と首の感覚を覚えておきます、こった場合と
すっきりした場合の方の感じを知ることです。

休みの日の睡眠をとりすぎたりしないで、毎日のリズムを
保つことも大切です。
寝すぎると脳が必要以上にリラックスしすぎて、血管が拡張して
隣り合わせの神経を刺激して頭痛をおこすのです。

その他の要因
カフェインの摂取
アルコールの摂取
チョコレートを食べる
夜更かしによる寝不足
ずるずるベットで寝すぎ
肩こり、首こりで辛い凝りがある
強い光や大きな音の刺激
気温や低気圧や高気圧の気圧の変化
・自分を労わり、避けられるものは出来るだけ避けましょう

頭痛がおきるときはたいてい身体にストレスが溜まっている時です。
ストレスを簡単に発散するには
・深呼吸をする。
・軽く体を動かす。
・外の空気を吸いに出かける。
・大きな声で歌う。

身体に新鮮な空気を送り込み、脳にの酸素が十分にいきわたり
気分がリフレッシュします。

きつい下着やきつい靴下も控えます。
頭部の締め付けや上半身の締め付けは避けるようにします。
・バッグを同じ方の方でしょっている。
肩こりの原因になるので、左右で担ぐようにします。
・メガネの度数が合わないので目を細めて使っている。
目の疲れが脳の疲れに直結しているので、自分の目に合っている
度数の眼鏡を使ってください。何年も使っているメガネは
少しずつ自分の度数うと食い違うようになっています。
メガネ店で再検査して作り替えてもらいます。

原因が何かを見極めるために、頭痛の症状が軽くなったり
やわらいだり、頭痛が減ったら、何が良かったのかを
記録してみてください。

夜更かしをやめて早寝するようになったら軽減した。
一日の珈琲を飲む回数を半分にしたら軽減した。
など、試してみて、効果が出たものを覚えておきます。

肩こりや首こりで頭痛になるケースもあります。
リラクゼーションマッサージで筋肉のほぐしを
してもらうのも有効です。

 

女性の不調を改善 発酵大豆イソフラボン ⇒ 【エクオール+ラクトビオン酸】
サブコンテンツ

このページの先頭へ