男性の朝立ちが教えてくれる

男性の朝立ちは、女性の整理と同じくらいの意味合い。

男性の更年期症状もあるのですが、症状がつかみづらいために
気が付かないことがあります。

女性の場合は、生理が遅れたり、早まったり、

安定しない時期がきて、ホルモンのバランス(女性ホルモンの低下)が
崩れていることを知ります。

男性の場合の更年期症状のサインは、「朝立ち」です。
「朝立ち」とは、ベットで朝目を覚ました時に「勃起」していることです。
歳をとるにつれて、精力が衰えて、朝立ちもしなくなります。
男性ホルモンの低下が起きているのです。

いつまでも、若々しくあるためには死ぬまで現役を目指します。

男性ホルモンの低下が、「朝立ち」がなくなる原因なのですから
男性ホルモンがバランスよく体内に存在すればいいわけです。

睡眠には「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」のパターンがあります。
レム睡眠は身体を休めている時の状態、ノンレム睡眠は脳が休んでいる状態です。

勃起状態が起きるのは、レム睡眠の時に起きます。
目覚まし時計で起きたのではなく、自然に目が様た状態がレム睡眠からの
目覚めになります。
自然な朝の目覚めで、ムスコが元気なら、男性ホルモンが活発な証拠になります。
では、半立ちはどうか。
男性ホルモンが活発な証拠です。
年齢とともに、テストステロンの低下にともない、勃起する時間が短くなっていきます。
ムスコが「朝立ち」するかどうかで
更年期の症状が気になりだしたら、一つの目安にできます。

自然に起きたときに、勃起していれば「朝立ち」になります。
スケベな夢を見るから勃起しているのではありません。

睡眠中はレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返して、眠っているので
ノンレム睡眠中はムスコも眠っています。
自然に起きた場合の、レム睡眠の状態での目覚めの時の状態です。
更年期症状かなと思ったら、調べてみてください。

メタボや仕事のストレスなどで、ホルモンのバランスが崩れる場合があります。
朝立ちしないから、更年期症状だと決めつけないで
他の判断材料も調査してみてください。

女性の不調を改善 発酵大豆イソフラボン ⇒ 【エクオール+ラクトビオン酸】
サブコンテンツ

このページの先頭へ