月経の仕組みと女性ホルモン

月経の仕組みと女性ホルモンについて

女性は生まれながらに卵巣に原子卵胞を持っています。
この卵胞のなかに卵子1っこが入っています。
順番が来た卵胞は成長しながらエストロゲンを放出しながら
成長を続けます。
卵巣からのエストロゲンにより子宮内膜が増殖を開始します。
最大に大きくなったところで、松果体からの刺激ホルモン
「黄体化ホルモン」が分泌され、成熟した卵胞から
卵子が飛び出し、排卵が起こります。

準備が整った卵が精子に出会う旅に出ます。
卵巣から飛び出した卵子は卵管を通って子宮に向かいます。
卵管で精子に上手いことで合わなかった場合には
卵は死滅して、黄体はしぼんで白体になりプロゲストロンと
エストロゲンの分泌も減少して、子宮内膜がはがれて、月経として
体外に排出されます。
すると、体内で女性ホルモンが少なくなったと感知した
視床下部がホルモンを出すように下垂体を刺激します。
下垂体からの「性腺刺激ホルモン」が卵巣に届くと
一つの卵胞が成熟を開始します。

この刺激ホルモンの循環ルートを繰り返しています。
更年期になると卵巣の機能が低下して、刺激ホルモンが
来ても、反応しなくなります。
卵胞が成熟しなくなって、結果としてエストロゲンと
プロゲストロンの放出が減ります。

血液中のホルモンが少ないことを察知した
視床下部が今までと同じように、性腺刺激ホルモンを
出し続けます。

しかしながら、ホルモンの量が増えないので
出せ出せパニックになってしまうわけです。
「出せ、出せホルモン」をだす、視床下部は
他にも仕事をしています。
自律神経の中枢も視床下部にあります。
ホルモンパニックになってしまっているので
自律神経にも影響が出てしまうのです。

 

女性の不調を改善 発酵大豆イソフラボン ⇒ 【エクオール+ラクトビオン酸】
サブコンテンツ

このページの先頭へ