あなたを苦しめているのは何か

あなたが苦しいのはなぜでしょう。
苦しいいのは、誰かのせいにしていませんか?

本当に他人のせいなのでしょうか。

辛いと思ったのは誰でしょうか?

自分が辛いと思ったのです。

仕事はこうあるべきだ。
家族はこうあるべきだ。
男はこうあるべきだ。

そんなふうに思っていると
女性のような男がいると、許せないんです。

男はこうあるべきだ、とあなたが思っているので
女性のような男は許せなくなるのです。

ですから、あなたが思っている、男の定義を
もっと、やわらかくする必要があります。

男でも女性のように話して、振る舞ってもいいんです。
こんなことが許せないのは、あなたがこだわっているから
なんです。

男はこうあるべきだ、男はこうでなければならない。
この考え方を手放してください。

このこだわりが、あなたを苦しめていたのです。
あなたの、男の定義が、あなたを苦しめていたのです。

こだわりの定義を手放してください。
こうあるべきだ、こうでなければならない。
を手放してください

「こうあるべきだ、なければならない」
のこだわりを手放してください。

簡単には手放せないでしょうけど
手放す努力をしてください。

こだわらないように、自分を導きましょう。
「こだわらない、こだわらない」
と唱えてもいいです。

何か考え込んでいたら、こだわらない、こだわらない
と唱えましょう。

あなたを苦しめていたのは、あなたのこだわりなんです。
そのことに気づいてください。

八方ふさがりだと思っているなら、こだわりの
真っただ中にいます。

手放しましょう。
「こうあるべきだ、なければならない」
を手放しましょう。

三日坊主でいいんです。
あなたのこだわりを捨てるんです。

やりたいことだけやりましょう。
休んでもいいんです。

休む方がよっぽど進歩があるかも。
何かをしないといけないと思っているなら
手放してください。

しないといけないのを手放してください。

あなたがあなたに気付くことがいちばんです。
あなたを苦しめていたのは、あなただったんです。

あなたを苦しめるのをやめて、休むことを選びましょう。
何もしないのも、やりたいことをするのも
あなたが選んだからです。

選んだのが違っていたら、手放しましょう。
選んでは、手放し、選んだら手放しでいいんです。

これが楽しいい、これが面白い、と思えるものが
見つかったら、それをやればいいんです。

あなたが苦しんでいるのは、あなたが選んだのです。

 

女性の不調を改善 発酵大豆イソフラボン ⇒ 【エクオール+ラクトビオン酸】
サブコンテンツ

このページの先頭へ