「入浴」の記事一覧

40℃程度のぬるめのお風呂

ぬるめのお湯が副交感神経をしげきして
心身がリラックスして、血圧が下がり、
筋肉が緩みます。

反面として胃腸が活発になって、消化が良くなります。
消化は休憩することでより活発になります。

自律神経のなかの副交感神経をしげきして
心身のリラックス効果をねらいます。

イライラや興奮状態になりやすい方は
40℃ぐらいのぬるめのお風呂で、血圧を下げて
筋肉をゆるめ、肩こりや腰のコリをほぐしましょう。

まず、体のコリをほぐすことで、心もリラックスし
精神的にも肉体的にも緩みます。

熱い風呂は逆に興奮してしまいます。
やる気が出ない時やモヤモヤ不愉快な場合は
シャキッと熱い風呂が良い場合もあります。

お風呂の温度を使い分けますと、快適な生活が
おくれるようになります。

朝のお風呂は、元気を出して出勤できるように
熱めにさっと入るのが理想です。
身体の毛穴が開いて、汚れもおちて
体臭もしなくなります。

朝のシャワーでも同じ効果があります。
血圧が低くて、ぼんやりの場合は
熱めの朝シャワーが効きます。

熱めの温度は42℃で交感神経をしげきして
活発になります。

のんびりリラックスしたい場合はぬるめの
40℃程度のお風呂で体を緩めて、血圧を下げます。

使い分けてお風呂を利用しましょう。
追い炊きの機能があれば温度設定が簡単に
できるので大変便利です。

お風呂に入って、特に何もしなくても
身体が休まりリラックスできるので
毎日同じ時間に入るようにします。

一日の疲れはその日のうちにお風呂で
汗と一緒に洗い流します。

お湯に浸かった時の、「極楽、極楽」と
声に出して言いましょう。

毎日、極楽気分が味わえるのです
なんて素敵なお風呂生活なんでしょう。

リラックスするのはぬるめの40℃のお風呂が
身体の緊張をとり、筋肉をゆるめて
身体がリラックス状態になります。

副交感神経が優位に働いて、血圧を下げます。
お風呂の温度によって、活発になったり
リラックスしたりできるのです。
温度が高い42℃以上だと交感神経が優位に働き
40℃ぐらいだと副交感神経が優位になって
身体が緩み血圧が下がり、リラックスします。

 

決まった時刻にお風呂で温まる

自律神経の乱れがもたらす、更年期症状なので
自律神経の働きを正常に戻す工夫が必要です。

そこでお勧めしたいのが、お風呂であたたまり、リラックスする
方法です。

毎日決まった時刻でお風呂に入る習慣をつけます。
身体がそれに順応して時間が来るとルラックスするようになります。

生体リズムに働きかけ、自律神経の安定化が図れます。
そのために、お風呂に入る場合は、数回に分けて入ります。
身体に覚えさせるために、入ったり、上がったりするわけです。
40℃のお風呂に5分、5分、10分と分けて入って合計20分にします。

この入ったり、上がったりすることで、体にお風呂の時刻を
覚えさせます。入った水圧力と上がった空気圧の刺激で
自律神経の正常化とリラックス効果がより深まります。

身体が今、お風呂に入っている状態。今、上がっている状態を
完全に見極められれば、自律神経は正常に動作していることになります。

自律神経が異常の場合は、簡単にいうと、パニックになっていて
お風呂に入っている時も、上がった時も同じように
感じている状態なわけです。

一旦、リセットして、ゼロポイントに戻すわけです。
戻しやすいのが、刺激を多くして0ポイントに戻りやすくします。

毎日、決まった時刻の入浴で整体のリズムが動きだし、
スイッチの入り切りを繰り返して、リセットします。

それから、お風呂に入ると体温が上がるために
免疫力も数倍に高くなります。

「身体を温めると健康になる」という本が出版されているほどです。
冷えた体より、温まった体の方がすごくいいのです。

1日の疲れを取り除くためにお風呂に入って
リラックスして、自律神経の安定がはかられます。

パニックになった脳を外からの刺激で安定させる方法です。
温泉にいってごろごろ過ごすのも非常に効果があります。

温泉療法などでは、毎日決まった時刻にお風呂に入って
ホルモンバランスを整えることで、更年期症状を和らげる
事が知られています。

毎日の決まった時刻にお風呂に入る習慣が
更年期を乗り越えるのに良いようです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ