「生き方直し」の記事一覧(2 / 3ページ)

心身の健康や自分の人生は自分で選べる

いやいややっていると、病になりがちです。
逃れたいから、病になるのです。

・人間関係で上手くいかない。
・自分には出来ない仕事だ。
・誰もわかってくれない。
・どんどん疲れがたまって体が動かない。

果たしてそうなのでしょうか。

自分が垣根を作っているのではないでしょうか。
自分に自信がないので安全策を講じているのです。
自分を守るために誰かのせいにしているんです。

そして、自分でこだわっているんです。
譲れないポリシーがあなたを包み込んでいて
底から外に出られなくなっているんです。

子どものころから教えられたり、学校で教えられたりした
ことを今も忠実に守っているのです。
そこから逸脱した行為が許せないのです。

何で許せないかというと、そんなことをやっちゃいけないと
自分で思っているからです。

ここらへんで、その思い込みを取り払ってみませんか。
本当にやったら生けない事なんでしょうか?

・朝ご飯を食べないのは体に悪いからダメ。
・寝る前に甘いものを食べると太るからダメ。
・7時間の睡眠をとらないと健康に悪い。
・みんながやることは自分もやらないといけない。

こんなにがんじがらめになっていませんか?

あなたを縛っているのはあなた自身なんです。
学校を卒業したのにまだ成績の事を気にしているのですか?

子どもの頃、おねしょしたのをまだ気にしているのですか?

一回ありのままの自分に戻ってみませんか?
あなたを苦しめているのは、あなた自身なのにきがついて
考えてみませんか?

周りの人が何を言おうが、選ぶのはあなたなんです。
今まで、全部、あなたが選んできたのです。

となりの人の、顔色を見ながら選んでいたんじゃないですか。
相手に喜んでもらいたくて、相手が気に入るように
生きてきましたね。

あなた本来の自分の意見を仕舞い込んで
相手に気に入られようとばかりしていました。

気が付いてください。
あなたの人生はあなたしか選べないのです。
他人に選んでもらうことはできないんです。

最終判断はあなたが決めるのです。

あなたを悩ませる、原因はあなたがそれを
選んだからなんです。

でも、こうしないとだめになるから。
でもこうしないと上手くいかないから。

そう思っているのはあなたです。
あなたが、自分で考えて答えをだして生きているんです。
他人のせいにするのは、考え違いです。

すべて、あなたが選んできたのです。

選び方が、自分ではなく、他人のための選択をしたのです。
だから、どんどん居心地が悪くなり、自分と合わなくなるのです。

今からでも遅くはありません。
選びなおしてください。

友達も、仕事も、健康も、あなたの思うように
選べるのです。
選ばないと思っているのは恐れがあるからです。

恐れを手放してください。
破れかぶれでもいいんです。

病になるよりましです。
辛い症状が体を襲うよりましです。

嫌なものはいやと宣言して、やりたいことを進んで選びましょう。
自分の生涯は自分で生きるのです。
誰かが生きてくれるのではありません。

あなたは、健康も選べるし、人生も選べるのです。
遠慮はいりません。
どんどん選んで進んでいけばいいんです。

山に登ってみて、険しくて登れなかったら
次の山に登ってください。
酸素ボンベがないと登れないような山に登らなくてもいいんです。

 

山はたくさんあります。
あなたに合う山もたくさんあります。

あなた好みの山を選んでください。

まずは、今ありのままに生きている幸せに気づくこと

生きているだけで、まるもうけ。
どんだけ空気を吸っても、料金がかかりません。
太陽の日差しに料金がかかりません。

体調を崩して、3日も寝込んでしまうと
健康でいることがどんだけありがたいことかを
きずかせてくれます。

普通に生活して、生きていることが素晴らしい出来事なのです。

足りない物は、何もありません。
今ある体があれば、なんでもできるからです。

生きていることに、幸せを感じ始めると
胸の奥からエネルギーが湧き出して
悩みがなくなり、問題がなくなり
全てを許せて、すべてに感謝しだします。


不平不満を叫んでいた自分が、おろかに感じ
なんでそんなことで悩んでいたのか不思議な感じがします。

生きているだけで、素晴らしいのです。
生きているだけで、目的達成なんです。

誰かと比べたり、争ったりする必要がありません。
私は、私で、あなたはあなたで、ありのままで
存在しているからです。

人が生きて行くために必要なものはすべて
そろっています。神様が揃えてくださっています。
生まれてきた限りは、最後まで面倒を見てくれています。
途中で餓死させたりしません。
無駄死にするような人生にするはずがありません。


今、生きていることが大事なんです。
目で見て、鼻で嗅ぐ。
口でおしゃべりして、耳で聞いて。

手足が動いて、歩いたり走ったりできます。
こんなに素晴らしい身体があるのです。

やりたいことをしましょうよ。
使わないでいるのはもったいない。

ドンドン使いましょう。
使うために授かったのですから、どんどん使いましょう。

今生きている、ありのままを受け入れて
なんだかとっても幸せな気分。

アンコッディショナルラブ。

無条件の愛。

今生きていることに感謝して。
どんだけ好きになってもいいんです。
どんだけ愛してもいいんです。
どんだけかわいがってもいいんです。

自分がいるから、この世があって
この世界を生きているのです。

至福の時は、あなたがそう思った時なんです。
今が幸せと思えたときが本当に幸せなんです。

幸せがお店で売られているわけではないんです。
誰かが持っていて、誰かが持っていないというものでもないんです。

みんながそれぞれ持っていて、気が付いていないだけなんです。
あなたも幸せにきずいてください。

お読みいただき感謝します。

より具体的な目標にする

目標を設定すると、叶いやすいと昨日のブログで書きました。
もっと、もっと叶いやすい方法があります。

より具体的に目標を設定します。
「旅行に行くから、お金を貯める、お金を稼ぐ。」
という目標だとします。

旅行に行くのは、どこに行くのでしょうか?
いつ旅行に行くのでしょうか?
誰と行くのでしょうか?

少しあいまいな目標になっていますね。

これをもっと具体的な目標にするわけです。
バーン!!
「秋に家族で、イタリアのローマに旅行に行く」

これです。
これだと、旅費の計算が立ちます。
すると、一人あたりの旅費がカチャン、カチャンと計算できます。
家族3人なら、3倍にすれば予算が完成します。

今あるお金と、これから必要な金額が分かります。
不足分がいくらかわかります。
足りない分を稼げばいいんです。

お~、こりぁ~、行けそう。
って気がしてきませんか。

俄然リアルな目標になったと思います。
ガイドブックを買ってきて、毎晩観ているうちに
相当詳しくなってきます。

もうすでに3回ぐらい行ったことがあるくらい
詳しくなったりします。

これって、わくわくドキドキ、楽しくて仕方がありません。
そうだ、お土産も買うので、さらに10万円必要だ。
お土産より、ツアーに出かけて旅行を楽しもう。

なんだかわくわくして来ました。

この目標が叶ったら、次の目標も決めてしまいましょう。
次は南米インカの探検。

良いじゃないですか、行きたいところが出てきたら
稼いで出かけましょう。

目標設定は出来るだけ具体的に設定して
必要経費の見積もりを出しましょう。

あとどれぐらいで、実現できるかを
調べ上げるのです。

長年の生き方を変えるには、少しだけ目標を
具体的にすると叶えられます。

漠然としていた、目標が身近に感じられ
簡単に達成できるようになります。

欲しいものがあったら、もうすでに手元にあるように
感じてください。
思いがけないプレゼントでもらったりします。

長年の生き方を変えるには焦らない事

生き方を見直したり、急に健康になるための
頑張りを始めても続かず、元に戻ったりします。

長年の生き方を変えるには根気がいります。
子どものころから教えられてきたことを
すぐに変えるのは難しいものです。

すぐには変わらないと自覚しながらも
少しずつ生き方を変える努力をすることになります。

目立った成果を求めないで、地道に生き方を
見直していきます。

例えば、
目標をもたずに、漠然と稼がなくちゃと
思っていませんか?

何のために働くのかを考えずに、とにかく
稼がなくくちゃと思っていませんか。

将来の不安でとにかく貯金をしないといけないと
思っていませんか?

それって、少し変ですよね。
病気になる前から、病になったら困るから
病になっても大丈夫なように蓄えておこう。

この考えだと、お金が貯まると病になりますよ。
お金が貯まったから入院しようということになります。

目標が違いますね。

お金が貯まったら、旅行に行くとか家を建てるとか
わくわくする目標を立てましょうよ。

 

あと、10年であなたの寿命は終わりです。
そう宣告されても、将来の不安のために
お金を稼ぐのですか?

10年をどんだけ有意義に過ごすかを考えると思います。
悔いのない10年にしたいと思うはずです。

目標ができました。
趣味に没頭するかもしれません。
子どもたちのために、財産を残そうと頑張るかもしれません。
その行動には無理がないいので、辛くはなくて
楽しくなるものです。

目標は不安や病ではありません。
小さな目標から叶えてみませんか。

・今日は3人の人と話をする。
・喜んでもらえるような、おいしいお弁当をつくる。
・髪型を少しかえて、魅力的な女性になる。

このような目標でも、それに向かって努力していれば
かならず近づくことができます。

素敵ですよね。
周りの人からは、あなたが輝いて見えます。

何かいいことがあったのか、尋ねられるかもしれません。
尋ねられたら、こう答えましょう。

「生き方を少し変えてみた」って。

そしたら、どう変えたのか聞かれます。
説明してあげてください。

生き方を変えた先輩なのですから
後輩に教えてやってください。

教えることでさらに、理解が深まります。
長年の生き方を変えるのは、少し時間がかかります。

焦らないで、実現可能な目標をたてて
そこに、少しずつ近づく努力をすればいいんです。
漠然とした目標ではなくて、結果がわかる目標にします。
「今日はありがとう」と3人の人に言う。
これだけでも効果があります。
目標達成めざして挑戦しましょう。

光り輝く、あなたが表れて
見違えるような、奇跡のような変化が起きてきます。
変化が起きないと、考えないでください。

挑戦していること自体が変化なのです。
すでに変化の真っただ中にいます。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ