「生き方直し」の記事一覧

それはオーバーペースです

休みたい、一息つきたいとおもいながらも休めない。
毎日やらなければならないことがたくさんある。

死ぬまでこんなことが続くと思うとうんざりだ。

そんなことを思ったら、オーバーペースです。
頑張りすぎです。
真面目なあなたが一生懸命はたらいて
仕事と家庭の事でいっぱいなんです。

それは、欲張りすぎです。
オーバーペースです。
完璧を望みすぎです。

たまには怠けたっていいんです。
だいたい、休むことを怠けるというのは
間違いで、休まずに働いたら体にしわ寄せが来ます。

辛くなる働き方をしたのは、あなたです。
他人のせいにしていたら、気が付いてください。

家族の誰かの担当なのに、やらないから自分で
やってしまっていませんか?

それがオーバーペースなんです。
誰かの分までやれるほど余裕はないのです。

時間的に余裕ができたら手伝うのはありですが
放っておけない性格だからついついやってしまう
というなら、やりすぎです。


オーバーペースの原因はそこかもしれません。
これをしないとだれもやってくれない。
そう思ってやっていませんか?

手放しましょう。
放っておいても上手くいくもんです。
放っておいたからってどうにかなるもんでもないです。

しなければならない。
そう思っているのはあなたなんです。

家族がやらないのは、やらなくても平気だからです。
あなたも、許せるように、平気になりましょう。

 

家族にあなたの価値観を押し付けてはいませんか?
一人ひとり、価値観が違います。

あなたにとっては大事なことでも、子供たちにとっては
どうでもよいことかもしれません。

あなたにとって気になることでも、家族にとっては
どうでもよいことかもしれません。

あなたが許せば、受け入れれば、解決します。
悩んでいたのは、あなたの思い込みだったんです。

こだわりを捨てましょう。
生きることが辛いほどのこだわりを捨てましょう。

何でもしょい込んで、オーバーペースになったのは
誰のせいでもなく、あなたのせいです。

あなたがそれをしなければならないと思ったのです。
それが次から次に起きてきて、どんどんたまってしまったのです。

やらなければいけないと思ったのはあなたです。
やりたいことと、やらなければならないは
違います。

自分を戒めるのは、とても素敵ですが、たまには休んでください。
誰かに褒めてほしいんだと思います。

こんなにがっばているのだから、家族に褒めて
ほしいんだと思います。

ほめてほしいい、認められたい、という思いを
手放してみてください。


あなたには、あなたの人生があります。
他人のためだけに生きるのはつまらないです。

自分のためだけに時間を持ちましょう。
辛いなとおもったら、自分にご褒美を上げましょう。
身体を休めてください。

好きなものを食べて、好きなところに行って
好きなことをしましょう。

オーバーペースが辛さの原因です。
欲張りすぎです。
少し欲を手放してください。

 

あなたが幸せにならない限り

他人を幸せにできません。

まず、あなたから幸せになってください。

 

趣味にお金を使ってもいいんです

やりたいことをやらないのはつまらない。
人生「お金を貯めること」だけだとつまらない。

やりたいことができない人生なんて非常につまらない。

お金は大好きだけど、使うために有るんだから。
お金を稼ぐのは、大好きだけど使うために有るんだから。
全部使わなくてもいいんです。

働いてお金を稼いだんだから、好きなことに
使ってもいいんです。


人生稼ぐために生きているんじゃないんです。
稼いだら使うために、使うために稼ぐんです。

やりたいことができたら、迷わずやりましょう。
ムダ金だからやめた、そんなこと思わないで
楽しいんだったらやり続けましょう。

趣味の一つや二つ持ちましょう。
お金がかかっても、かからなくても
趣味はいいもんです。


お金を稼ぐのはいけない事。
お金は汚いものだと考えている人がいます。

働いた対価として報酬を得ているのは
素晴らしいことです。
稼ぐことは素晴らしいことで、お金が汚いはずがありません。
じゃんじゃん稼ぐことは悪いことと思わないでください。
じゃんじゃん稼いで、やりたいことをじゃんじゃん
やればいいんです。

まずしい暮らしの人がいい人で、裕福な人は
悪いという考えもだめです。

貧乏が神様に近くて、富豪が堕落した人と考えるのも
間違いです。


貧乏は罪なのです。
神様が貧乏を望むはずがありません。
あなたが勝手に、貧乏を神聖化したのです。

人は選択の自由を与えられているので
貧乏でも富裕でも選ぶことができます。

あなたはどちらを選びますか?

貧乏を手放してください。

やりたいことをやって楽しく過ごしてください。
一杯稼いでください。
それでいいんです。

やりたいことをやりだすと、意識が変化して
やりやすい環境が出来上がります。

アクションをおこしてください。
あなたが人生のコンダクターなんです。
あなたの指揮でどうにでも変わっていきます。

わくわくした生活、楽しい生活を満喫して
ください。

無駄なこと、他人に言われても気にしないで
自分にとって価値があればいいんです。

金にならないことはやらない、そんな考えを
手放してください。

好きだからやる、ワクワク楽しいいからやる。
そんな人生がいいんじゃない。

趣味にお金を使ってもいいんです。
趣味がなかったら、好きなものを食べればいいんです。
好きな洋服を着ればいいんです。

あなたの趣味は?、って聞かれたら
好きなものを食べることです。
そう答えましょう。

好きな洋服を着ることです。って答えましょう。

ようは、好きなことをやればいいんです。

 

あなたを苦しめているのは何か

あなたが苦しいのはなぜでしょう。
苦しいいのは、誰かのせいにしていませんか?

本当に他人のせいなのでしょうか。

辛いと思ったのは誰でしょうか?

自分が辛いと思ったのです。

仕事はこうあるべきだ。
家族はこうあるべきだ。
男はこうあるべきだ。

そんなふうに思っていると
女性のような男がいると、許せないんです。

男はこうあるべきだ、とあなたが思っているので
女性のような男は許せなくなるのです。

ですから、あなたが思っている、男の定義を
もっと、やわらかくする必要があります。

男でも女性のように話して、振る舞ってもいいんです。
こんなことが許せないのは、あなたがこだわっているから
なんです。

男はこうあるべきだ、男はこうでなければならない。
この考え方を手放してください。

このこだわりが、あなたを苦しめていたのです。
あなたの、男の定義が、あなたを苦しめていたのです。

こだわりの定義を手放してください。
こうあるべきだ、こうでなければならない。
を手放してください

「こうあるべきだ、なければならない」
のこだわりを手放してください。

簡単には手放せないでしょうけど
手放す努力をしてください。

こだわらないように、自分を導きましょう。
「こだわらない、こだわらない」
と唱えてもいいです。

何か考え込んでいたら、こだわらない、こだわらない
と唱えましょう。

あなたを苦しめていたのは、あなたのこだわりなんです。
そのことに気づいてください。

八方ふさがりだと思っているなら、こだわりの
真っただ中にいます。

手放しましょう。
「こうあるべきだ、なければならない」
を手放しましょう。

三日坊主でいいんです。
あなたのこだわりを捨てるんです。

やりたいことだけやりましょう。
休んでもいいんです。

休む方がよっぽど進歩があるかも。
何かをしないといけないと思っているなら
手放してください。

しないといけないのを手放してください。

あなたがあなたに気付くことがいちばんです。
あなたを苦しめていたのは、あなただったんです。

あなたを苦しめるのをやめて、休むことを選びましょう。
何もしないのも、やりたいことをするのも
あなたが選んだからです。

選んだのが違っていたら、手放しましょう。
選んでは、手放し、選んだら手放しでいいんです。

これが楽しいい、これが面白い、と思えるものが
見つかったら、それをやればいいんです。

あなたが苦しんでいるのは、あなたが選んだのです。

 

歩きたくなったから歩く

歩かないといけないから歩くのではなく
歩きたくなったから歩くのほうがいい。

三日ぼうずでいいじゃない。

そんなに、力んでもはじまらない。
自分が詰まらなかったら続かなくて当たり前。

身体を動かすのは、心身にとてもいいのですが
無理やり動いても仕方ありません。

動きたくなったら動くのが最高です。

健康のためにスポーツをするのは良いことです。
ですがそれが苦痛になっていたら逆効果です。
身体を壊します。

楽しくなって、嬉しくなって運動すると
とっても効果が上がります。

しなければならない。
やらないといけない。

こんな感じで健康のためだとしても
本当にやりたくなかったらやらない方がいいです。

身体と心がやりたいと思うことをやりましょう。

弱ってきた体を痛めつけるのは止めましょう。
痛めつけたっていいことはありません。

散歩はリフレッシュにいいのは分かっています。
でも、本当に散歩に出たいなら良いですが
行きたくないなと思いながら散歩に出ないことです。

身体のためだから、健康にいいから
やらないといけない、と思っているなら
逆効果です。

ストレスを増やしているだけです。
義務で散歩をしないでください。

雨が降ったら、歩かない。
風が吹いたら、歩かない。

いい加減でいいんです。
散歩はうんといい加減でいいんです。

歩きたくなったら、歩いてください。
景色を見ながら歩いてください。

歩幅がどうの、速度がどうの
姿勢がどうの、関係なく、好きに歩いてください。

休み休み、道草ばかりでいいんです。

気分がいい方がいいんです。
気分がいい方に歩いてみましょう。

歩くという行為がすでに動きが出ています。
動いて、体験して生きているんです。

ダイエットのために歩くのではなく
歩きたいからあるいてください。
何かのためでなく、ただただ歩きたいから
歩いてください。

義務で歩かないでください。

歩きやすい靴で、歩きやすい服装で
ぼんやり歩いてみましょう。

歩きたくなったら歩きましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ